2017年01月10日

テクニカル分析の方法

FXが日本で瞬く間に知れ渡った要因の1つが、売買手数料が超割安だということだと考えます。
今からFXをスタートすると言うなら、スプレッドの低いFX会社を選定することも重要だとアドバイスしておきます。

為替の動きを予想する時に不可欠なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大切だと言われているのは「チャートの変化に注視して、今後の為替の方向性を推測する」テクニカル分析の方になります。

テクニカル分析の方法としては、大きく類別すると2通りあるのです。
チャートに表示された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「パソコンが機械的に分析する」というものです。

システムトレードでは、自動売買プログラムの通りにテクニカルポイントが来た時に、システムが勝手に売り買いを行なってくれるわけです。
そうは言うものの、自動売買プログラムについては使用者が選ばなくてはなりません。

FX口座開設が済んだら、現実的にFXの売買を行なわなくてもチャートなどは利用できますから、「今からFX関連の知識をものにしたい」などと思っていらっしゃる方も、開設してみるといいですね。

「常日頃チャートに目を通すなんて不可能だ」、「為替にも関係する経済指標などをすぐさま確かめることができない」と思っている方でも、スイングトレードを行なうことにすれば全然心配無用です。

「FX会社個々が提供するサービスの実態を調査する時間が滅多に取れない」と仰る方も多いと考えます。
そうした方の為に、それぞれの提供サービス内容でFX会社を比較してみました。

売りポジションと買いポジション双方を一緒に持つと、為替がどちらに振れても収益を手にすることができるというわけですが、リスク管理の点から言うと、2倍神経を注ぐことになると思います。

FXに関してリサーチしていくと、MT4(メタトレーダー4)というワードが目に入ります。
MT4と申しますのは、費用なしで使うことができるFXソフトの名称で、いろいろ利用できるチャートや自動売買機能が装備されているトレードツールです。

システムトレードと申しますのは、FX取引などにおける自動売買取引のことで、事前に決まりを決定しておき、それに沿って自動的に「売りと買い」を終了するという取引なのです。

FX口座開設に付随する審査につきましては、学生であるとか専業主婦でも通りますから、度を越した心配は無駄だと言えますが、大切な事項の「投資の目的」とか「投資歴」などは、どんな人もマークされます。

利益をあげる為には、為替レートが注文した時のものよりも良い方向に変動するまで待つ必要があります。
この状態を「ポジションを保有する」と言い表わすのです。

FXの最大のウリはレバレッジだと言えますが、全て知識を頭に入れた状態でレバレッジを掛けることにしないと、専らリスクを大きくするだけになると言っても過言ではありません。

デイトレードの特徴と言いますと、一日の中で必須条件として全てのポジションを決済してしまうわけですから、成果が分かりやすいということだと考えられます。

5000米ドルを買ってそのままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。
無論のことドル高になった場合、売り払って利益をものにしましょう。

プライスアクショントレード。
オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。
> Dealing FX
posted by mikan at 21:47| テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする