2017年01月09日

ポジショントレード|スプレッドは外貨の売り値と買い値の差

5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。
無論ドル高に進んだら、売り払って利益をゲットします。


こちらのサイトでは、スプレッドとか手数料などを含めた総コストにてFX会社を比較しています。
当たり前ですが、コストについては利益に影響しますので、手堅く調べることが大事になってきます。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがあるのですが、このポジションとは、「買い」または「売り」をしたまま、約定せずにその状態をキープしている注文のことを指すのです。

スイングトレードの良い所は、「常にトレード画面から離れることなく、為替レートをチェックする必要がない」という点で、ビジネスマンに適したトレード方法だと考えています。

FX口座開設を完了さえしておけば、本当にFX取引をしなくてもチャートなどは閲覧することが可能ですから、「さしあたってFXについて学びたい」などとお考えの方も、開設してみてはいかがでしょうか?

高い金利の通貨を買って、その後保有し続けることでスワップポイントが与えられるので、このスワップポイントという利益だけを目論んでFXに勤しんでいる人も少なくないのだそうです。

FX口座開設に掛かる費用というのは、“0円”になっている業者が大部分ですから、いくらか手間暇は掛かりますが、2つ以上の業者で開設し現実に使用してみて、個人個人に適したFX業者を選んでほしいと思います。

テクニカル分析の方法としては、大きな括りとしてふた通りあると言えます。
チャートに転記された内容を「人間が自分で分析する」というものと、「パソコンがある意味強引に分析する」というものになります。

近頃のシステムトレードの内容を確かめてみますと、実績のあるプレーヤーが組み立てた、「確実に利益が出続けている売買ロジック」を土台として自動売買可能になっているものが稀ではないように思われます。

FXにつきましてリサーチしていくと、MT4というキーワードを目にすると思います。
MT4というのは、利用料不要で利用できるFXソフトの名称で、有益なチャートや自動売買機能が実装されている売買ツールのことを指すのです。

スプレッドと言いますのは、FX会社毎に違っており、ご自身がFXで稼ぐためには、いわゆる「買値と売値の差」が大きくない方が有利ですから、この部分を前提条件としてFX会社を選定することが大事になってきます。

売る時と買う時の価格にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行でも別の呼び名で導入されております。
しかもとんでもないことに、その手数料たるやFX会社のおおよそ200倍というところが少なくないのです。

スプレッドというのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社の実利になる売買手数料とも解釈できるものですが、それぞれの会社の経営戦略に従って独自にスプレッド幅を定めています。

トレードの方法として、「上下いずれかの方向に値が動く時間帯に、少なくてもいいから利益を絶対に掴みとろう」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。

FXを行なう時は、「外貨を売る」という状態から取引を始動することも可能ですが、このように外貨を持つことなく「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけです。

プライスアクショントレード。
オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。
> Dealing FX
posted by mikan at 12:14| Comment(0) | スプレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: